あしかメディ

MENU

あしかメディ

受注事例1

ご依頼製品:PVC製バッグ

ご依頼のポイント:
①イベントで使用する為、明るいイメージにしたい。
②再利用できるように耐久性に優れた生地を使用したい。
③環境に配慮した生地を使用したい。

製作の流れ

①生地の選定:生地サンプルからイメージに合うものをお選び頂きます。
<ポイント>今回は印刷が入ります。印刷が上手く乘らない可能性が
ある為、「シボ」が多い生地などはなるべく避けて頂きます。
②印刷データ入稿:イラストレーターの印刷データを入稿いただきます。
③印刷校正:データをチェックし校正を行います。
④試し刷り(色校正):実際の生地に印刷を行います。印刷データと実際の生地への印刷の場合、発色が合わない場合があります。データをチェックするモニターは「RGB」、印刷の際はCMYKと色の表現方法が違う為です。
また、生地の色と印刷色の組み合わせで生地色が印刷色と混ざり「混色」してしまう事があります。それを避ける為に実際の生地に印刷を行う色校正を行います。ここは印刷技術者の腕の見せ所でもあります。
<ポイント>今回、選定頂いた生地は色の濃い生地で、印刷色に対しても影響が大きくなります。その場合、「白引き」と言って印刷したいデザインをまず白色で印刷します。その上に重ねて本来の色を印刷する事により、生地色の影響を抑える事ができます。但し、版が1枚多くなるのでコストとしてはその分上がってしまいます。

今回行った色校正

  ①と②は白引きが有り無しの比較です。この生地色に関しては白引
  きの有無での発色の差はほぼ無しという事がわかります。白引きを
  するとその分コストが上がりますので、白引きは無しで進めます。

  次に色合いの調整です。①②はデータ通りの色でを印刷しました
  が、青味が強く出てしまっています。その為、③④では赤味が強く
  出るようにインク量を調整しています。これらをお客様に確認
  頂きます。

⑤版の製作:1版で進める事が決まりましたので版の製作に移ります。
⑥実際の生地へ試し刷り:版が完成したら本生産前に実際の生地に印刷したものを
再確認頂きます。
⑦本生産:問題ないことを確認頂き次第本生産へ移ります。
⑧ご納品:お客様のお手元へ

ご注文~ご納品まで1.5か月程です。